すぐに使える発注書・注文書テンプレート(Excel・エクセル)|書き方・見本付き

無料・登録不要で使える発注書・注文書のテンプレートです。
「ファイルをダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。

すぐに使用する場合は、日付や文言などのサンプル部分を変更してご利用ください。

自社用のひな形として使用する場合は、既存の項目やフォーマットをカスタマイズしてご利用ください。

ファイルを開くソフトウェア(MS Office等)のバージョンの違いやOS(Windows・Mac等)の違いでレイアウトが崩れた場合は、調整してご利用ください

Excelテンプレート(A4)

書き方・見本例

発注書の書き方・見本例

①発注番号、発注日

管理用に、発注番号や発注日を記入します。個人や番号管理がない会社の場合、番号は不要です。

②宛名(提出先)

作成した発注書の宛名(提出先)を記入します。「会社名」「部署+担当者名」の組み合わせが一般的です。

③補足情報(件名、支払条件、納期など)

発注書の補足情報を記入します。
・件名=何を発注するのか一目でわかる件名を記入
・支払条件=受注側が希望する締め日と支払日を記入
・納期=商品を納める日(納品日など)を記入

④差出人

自社の情報と担当者の情報を記入します。位置は宛名(提出先)より下に配置するのがビジネスマナーです。

⑤発注金額(合計)

発注書の合計金額(税込)を、目立つ位置に記入します。

⑥発注内容(数量/単価/金額)

発注金額の内訳を記入します。商品ごとにそれぞれ数量、単価、金額を記入する必要があります。「個」「式」「セット」などの単位を使いたい場合は、「数量」欄に記入します。

⑦小計、消費税、合計金額

発注内容の小計(税抜)、消費税、合計金額を記入します。

よくある質問

Q
発注書には色んなフォーマットがあるけど、どれを使えばいい?
A

最低限の項目が揃っていれば、基本的にはどのフォーマットを使っても問題ありません。ネットから気に入ったものをダウンロードし、自社用にデザインや項目をカスタマイズして使うのが一般的です。オススメはこちら

Q
発注書には何の項目が必要?
A

発注書には「件名」「宛名」「差出人」「摘要/数量/金額」「合計金額」の記載が必要です。詳しくはこちら

Q
発注書は何年保管する義務がある?
A

発注書の保存期間は、法人で7年間個人で5年間保存する義務があります。また、欠損金の有無や消費税納税業者かによって保存期間が延びます。

(帳簿書類の整理保存等)
普通法人等は、前条第一項に規定する帳簿及び前項各号に掲げる書類を整理し、第五十九条第二項(帳簿書類の整理保存)に規定する起算日から七年間、これを納税地(前項第一号に掲げる書類にあつては、当該納税地又は同号の取引に係る国内の事務所、事業所その他これらに準ずるものの所在地)に保存しなければならない。

引用元:法人税法施行規則67条の2|e-Gov法令検索

おすすめテンプレート

参照・参考サイト

No.5930 帳簿書類等の保存期間及び保存方法|国税庁
法人税法 | e-Gov法令検索
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府省令・規則)の内容を検索して提供します。
法人税法施行令 | e-Gov法令検索
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府省令・規則)の内容を検索して提供します。
データ利用規約 

当サイトで配布しているコンテンツのご利用に関して、以下の点にご留意ください。
・テンプレートは、個人・法人・商用・非商用を問わず、無料でご利用いただけます。
・テンプレートは、自由に加工してお使いいただけます。
・テンプレートを無断で複製・転載・転用することを禁止します。
・コンテンツの利用は、利用者ご自身の責任において行われるものとします。
・コンテンツの利用により発生したいかなるトラブル・損害について、一切責任を負いませんのであらかじめご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました