スポンサードリンク

PDCAテンプレート(Excel・PDF)|職種別例文・解説付き

テンプレート経営
シンプル・汎用型
おしゃれ・スマートアート型
縦向き・縦型

無料・登録不要で使える、PDCAテンプレート集です。
Excel、PDF形式でダウンロードできます。

ダウンロード

以下より、全てのファイルをダウンロードできます。※クリックで開きます。

シンプルで使いやすい、横向きのPDCAテンプレートです。

画像ファイル名 ダウンロード
カラフルな四角形のブロックを使用したPDCAテンプレート。左上から時計回りに"PLAN"、"DO"、"CHECK"、"ACTION"のブロックが配置され、中心に矢印が描かれている横01[Excel] [PDF]
モノクロの四角形のブロックを使用したPDCAテンプレート。左上から時計回りに"PLAN"、"DO"、"CHECK"、"ACTION"のブロックが配置され、中心に矢印が描かれている横02[Excel] [PDF]
縦長の四角形のレイアウト。左上から時計回りに「PLAN」「DO」「CHECK」「ACT」の順番でラベルがついている。背景は白、文字は黒横03[Excel] [PDF]
縦長の四角形のレイアウト。左上から時計回りに「PLAN」「DO」「CHECK」「ACT」の順番でラベルがついている。上部に四つの丸が並んでいる。背景は白、文字は黒横04[Excel] [PDF]
上部にタイトル空間、中央部に「PLAN」「DO」「CHECK」「ACT」の4つの大きなセクション、下部に「結果/評価」のセクションが配置されている。横05[Excel] [PDF]
上部に「問題/目標」のセクション、中央部に「PLAN」「DO」「CHECK」「ACT」の4つの大きなセクションが配置されている。下部に特定のセクションは見られない。横06[Excel] [PDF]
4つの矩形ブロックで構成され、上部には「行動目標」のスペースがあります。各ブロックにはP, D, C, Aの文字が示されています。横07[Excel] [PDF]
表形式、テーブル型のPDCAテンプレート。表形式01[Excel] [PDF]
縦型の四列表示のPDCAテンプレート。項目は"日付"、"PLAN"、"DO"、"CHECK"、"ACTION"とラベル付けされている表形式02[Excel] [PDF]
ダウンロードできるPDCAテンプレート(シンプル・汎用型)の一覧

Office製品の機能である、スマートアートを使用して作成された、デザイン性を重視したPDCAテンプレートです。図形をクリックすると、文章や項目が簡単に編集できます。

画像ファイル名 ダウンロード
PDCAサイクルの円グラフ表現。4つのセクションがあり、「Plan」「Do」「Check」「Act」のラベルが付けられている。スマート01[Excel] [PDF]
PDCAサイクルのフローチャート。各段階「Plan」「Do」「Check」「Act」が矩形ブロックとして表現され、順序に沿って矢印で接続されている。スマート02[Excel] [PDF]
PDCAサイクルの各ステップを示す図。'Plan'がオレンジ、'Do'がグレー、'Check'がイエロー、'Act'がブルーで色分けされています。スマート03[Excel] [PDF]
PDCAサイクルの各ステップを縦に示す図。各ステップがV字型に連結されており、'Plan'がオレンジ、'Do'がグレー、'Check'がイエロー、'Act'がブルーで色分けされています。スマート04[Excel] [PDF]
四色のブロックで「Plan」「Do」「Check」「Act」を表示するシンプルなPDCAサイクルテンプレートスマート05[Excel] [PDF]
縦並びの四色ブロックに小さなマークを含む詳細なPDCAサイクルテンプレート。スマート06[Excel] [PDF]
縦のバーで4つのステップを表現。明るい色調で、矢印でフローが示されている。ステップ名が中央に配置されているスマート07[Excel] [PDF]
4つの長方形が横に並ぶレイアウト。各ステップが異なる色で示され、矢印で進行方向が示されている。ステップ名が各ブロックの中央に配置されているスマート08[Excel] [PDF]
縦長の白地に「Plan」「Do」「Check」「Act」の4つのセクションが等間隔に並び、各セクション内に記入スペースがあるスマート09[Excel] [PDF]
四角の中央に「PDCA」の文字があり、その周りを4つのカラフルな四角形が囲むデザイン。各四角形には記入スペースが存在するスマート10[Excel] [PDF]
円形のPDCA図。各ステップ(Plan, Do, Check, Act)が色分けされ、中央に向かって連結している。スマート11[Excel] [PDF]
ダウンロードできるPDCAテンプレート(おしゃれ・スマートアート型)の一覧

縦向きのPDCAテンプレートです。日報・週報のような使い方や、印刷して手書きでPDCAを作成したい場合に、使いやすいフォーマットです。

画像画像 ダウンロード
縦向きのPDCAフォーマット。項目が青色。その下にはPLAN, DO, CHECK, ACTのセクションが続きます。縦01[Excel] [PDF]
白黒のシンプルなPDCAテンプレート。PDCAの各セクションが大きく分かれている。縦02[Excel] [PDF]
カラフルなPDCAテンプレート。各ステージ毎に色分けされている。縦03[Excel] [PDF]
カラフルなPDCAテンプレート。各ステージ毎に色分けされている。縦04[Excel] [PDF]
シンプルなPDCAテンプレート。項目が正方形の中に4分割されている。縦05[Excel] [PDF]
縦向きのシンプルなPDCAテンプレート。左側に細い項目名があり、右側に記入欄がある。概要・目標を記載する欄と、備考欄がある。縦06[Excel] [PDF]
縦向きのシンプルなPDCAテンプレート。左側に項目名があり、右側に記入欄がある。概要・目標を記載する欄と、備考欄がある。縦07[Excel] [PDF]
縦向きのシンプルなPDCAテンプレート。項目名と記入欄が一体になっている。概要・目標・備考欄がある。縦08[Excel] [PDF]
ダウンロードできるPDCAテンプレート(縦向き・縦型)の一覧

テンプレートの使い方

ダウンロードしたテンプレートの使い方を、ファイル形式別に解説しています。※クリックで開く

  1. ダウンロード開く:
    • 当サイトから希望のテンプレートをダウンロードします。
    • ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてExcelで開きます。
  2. 編集:
    • 必要に応じてテンプレートの各セルをクリックし、テキストや数値を入力します。
    • セルのフォーマットを変更することも可能です(例: フォントサイズ、色、罫線など)。
  3. 保存:
    • ファイルメニューから「名前を付けて保存」を選択し、ファイル名と保存場所を指定して保存します。
  4. 印刷:
    • ファイルメニューから「印刷」を選択し、必要な設定を行った後、印刷します。
  1. ダウンロード&開く:
    • 当サイトから希望のテンプレートをダウンロードします。
    • ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてPDFリーダーで開きます。
  2. 注釈追加:
    • PDFリーダーの注釈ツールを使用してテキストボックスや図形を追加し、テンプレートに情報を追加します。
  3. 保存:
    • ファイルメニューから「名前を付けて保存」を選択し、ファイル名と保存場所を指定して保存します。
  4. 印刷:
    • ファイルメニューから「印刷」を選択し、必要な設定を行った後、印刷します。

【職種別】PDCAの具体例

営業マン向けの例

営業マンがカフェで営業をしている
  • Plan (計画): 今月、新規クライアント●社を獲得する。
  • Do (実行): ターゲットとなる企業リストを作成し、毎日●件電話し、●件のアポイントメントを取る。
  • Check (確認): 月末に●社の新規クライアントを獲得。アポイントメントの取得率やクロージング率を確認する。
  • Act (改善): アポイントメントの取得率を向上させるための新しいアプローチを試す。

以下は、PDCAの各フェーズにおける、営業向けのサンプル文章です。

  • Plan(計画)で使えるサンプル
    • 今月は新規顧客獲得を20%増やす。
    • 週に一度、競合他社の製品調査を行う。
    • 既存顧客からのリピート率を15%向上させる。
    • 月に2回以上、顧客訪問を行いフィードバックを集める。
    • 営業エリア内の新しいビジネスチャンスを探る。
    • 営業プレゼンテーションの改善に取り組む。
    • クロスセルのチャンスを見つけるため、既存顧客を分析する。
    • リード時間を1週間短縮する。
    • 営業チームで週に一度、ミーティングを開催する。
    • 電話営業のコンバージョン率を10%向上させる。
  • Do(実行)で使えるサンプル
    • 今日中に20件の新規リードにアプローチする。
    • 顧客データベースを更新して、最新情報にする。
    • 新製品のプレゼンテーション資料を作成する。
    • 競合他社の製品と価格を調査する。
    • 顧客からのクレームに即時対応する。
    • 週に一度は営業外出を行い、顧客に直接会って話をする。
    • 今月のセールス目標に対する進捗状況をチェックする。
    • インセンティブプログラムを導入する。
    • フォローアップメールを送る。
    • CRMシステムを毎日更新する。
  • Check(確認)で使えるサンプル
    • 今月のセールス目標に対する達成率を確認する。
    • 顧客からのフィードバックを分析する。
    • 新規顧客獲得のコストを計算する。
    • クロスセルとアップセルの成功率を評価する。
    • 既存顧客の満足度を測るアンケートを分析する。
    • 営業チームのパフォーマンスをレビューする。
    • 競合他社との価格競争力をチェックする。
    • 顧客訪問や電話営業の成果を確認する。
    • 営業プロセスの短縮点や改善点を特定する。
    • 使用している営業ツールやCRMシステムの効果を評価する。
  • Act(改善)で使えるサンプル
    • 未達成のセールス目標に対してアクションプランを立てる。
    • 顧客からのフィードバックを元にサービスを改善する。
    • 最も効果的だった営業戦術を次月も継続する。
    • コンバージョン率が低い活動を見直し、戦略を修正する。
    • 顧客獲得コストを下げるための新しい方法を試す。
    • 低パフォーマンスな営業員に対してトレーニングを施す。
    • 新規顧客獲得チャンネルを開拓する。
    • 高評価を得た商品やサービスのプロモーションを強化する。
    • 顧客に頻繁に連絡を取る方法(例:ニュースレター)を導入する。
    • 時間管理やタスク管理の方法を見直し、効率を高める。

上記は、あくまでサンプルです。PDCAの内容は、業界や会社の規模により異なります。数値や文章などは、適宜カスタマイズしてご利用ください。

ITエンジニア向けの例

モニターに向かっている女性のプログラマー
  • Plan (計画): 新しいシステムのリリースを予定通りに完了させ、バグの数を先月比で●%減少させる。
  • Do (実行): コードの最適化やテストケースの追加を行う。
  • Check (確認): システムの動作検証やバグトラッキングを行い、結果を確認。
  • Act (改善): コードのリファクタリングやテスト手法の改善を検討。

以下は、PDCAの各フェーズにおける、エンジニア向けのサンプル文章です。

  • Plan(計画)で使えるサンプル
    • 新しいフレームワークを導入して開発速度を20%向上させる。
    • 今月中にバグ発生率を10%減らす。
    • コードの品質を向上させるためにコードレビューを週1回行う。
    • 運用監視ダッシュボードを作成する。
    • システムの可用性を99.9%に保つ。
    • 開発環境をDockerで統一する。
    • 自動テストのカバレッジを80%以上にする。
    • データベースのパフォーマンスをチューニングする。
    • ドキュメントを月に一度更新する。
    • 技術的負債を減らすためのリファクタリング計画を立てる。
  • Do(実行)で使えるサンプル
    • 新しいAPIの開発を始める。
    • バグ修正のプルリクエストを作成する。
    • プロダクション環境の監視設定を更新する。
    • ユニットテストを書く。
    • コードレビューを行う。
    • サーバーリソースの監視と調整を行う。
    • CI/CDパイプラインを更新する。
    • 顧客からのフィードバックに基づいて機能を改善する。
    • 開発チームとのスクラムミーティングを開く。
    • セキュリティパッチを適用する。
  • Check(評価)で使えるサンプル
    • 開発した機能の性能テストを行う。
    • コードの品質をSonarQubeで分析する。
    • バージョン管理のブランチ戦略が効果的か評価する。
    • システムのダウンタイムとその原因を調査する。
    • ユーザーの利用状況やフィードバックを分析する。
    • 自動テストのカバレッジレポートを確認する。
    • 今月のインシデント発生率を調査する。
    • データベースのレスポンスタイムを測定する。
    • 開発プロセスにおける遅延要因を特定する。
    • 運用コストとリソース使用状況を確認する。
  • Act(改善)で使えるサンプル
    • パフォーマンスが低い部分のコードを最適化する。
    • レビューで指摘されたコードの改善を行う。
    • バグが多発した原因を特定し、対策を講じる。
    • テストケースを追加または更新する。
    • 運用監視のアラート設定を調整する。
    • 使用しているライブラリやフレームワークのバージョンを更新する。
    • 開発・運用環境のセキュリティ対策を強化する。
    • 運用手順書や開発ガイドを更新する。
    • データバックアップとリストアプロセスを見直す。
    • コードのリファクタリングを行う。

数値や文章などは、適宜カスタマイズしてご利用ください。

製造業向けの例

作業服とヘルメットを被っている製造業者の男性
  • Plan (計画): 新しい生産ラインでの生産効率を●%向上させる。
  • Do (実行): ●●の技術や●●機器を導入して、生産プロセスを開始。
  • Check (確認): 生産ラインの動作をモニタリングし、生産数や効率を確認。
  • Act (改善): 機器の配置やスタッフのトレーニング方法を見直し、さらなる効率化を目指す。

以下は、製造業向けのサンプル文章です。

  • Plan(計画)で使えるサンプル
    • 月次生産効率を5%向上させる。
    • 廃棄ロスを20%削減する。
    • 新しい製造ラインを導入する。
    • ISO認証を取得するための行動計画を作成する。
    • サプライチェーンの最適化を計画する。
    • 作業員の安全トレーニングを強化する。
    • エネルギー効率改善のための新しいテクノロジーを探る。
    • 品質管理プロセスを改善する。
    • 在庫管理システムを更新する。
    • メンテナンススケジュールを見直す。
  • Do(実行)で使えるサンプル
    • 作業手順の改善提案を実施する。
    • 廃棄物の分析を行い、削減策を試行する。
    • 新しい製造ラインの設置作業を開始する。
    • ISO認証の準備作業を行う。
    • サプライチェーンの監視と調整を行う。
    • 安全トレーニングプログラムを実施する。
    • エネルギー効率の高い機器をテストする。
    • 品質チェックの頻度を上げる。
    • 在庫管理システムに新機能を追加する。
    • メンテナンス作業を計画的に行う。
  • Check(評価)で使えるサンプル
    • 生産効率のデータを分析する。
    • 廃棄ロスの状況をレビューする。
    • 新しい製造ラインの性能を評価する。
    • ISO認証の進捗を確認する。
    • サプライチェーンの効率を測定する。
    • 作業員の安全性に関するインシデントを確認する。
    • エネルギー使用量を計測する。
    • 品質に関するKPIsを評価する。
    • 在庫レベルとオーバーストック状況を確認する。
    • メンテナンスの達成度を確認する。
  • Act(改善)で使えるサンプル
    • 生産プロセスに改善点を反映させる。
    • 廃棄ロス削減のための新しい策を導入する。
    • 新製造ラインの問題点を解消する。
    • ISO認証取得のための改善策を実施する。
    • サプライチェーン管理の手法を改善する。
    • 安全プロトコールを更新する。
    • エネルギー効率の良い機器や方法を導入する。
    • 品質管理手順を最適化する。
    • 在庫管理のアプローチを見直す。
    • メンテナンス計画に改善点を取り入れる。

数値や文章などは、適宜カスタマイズしてご利用ください。

マーケティング担当者向けの例

マーケティング職の女性
  • Plan (計画): 新しいSNSキャンペーンを通じて、今月のウェブサイトのトラフィックを●%増加させる。
  • Do (実行): ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを作成し、SNS広告キャンペーンを開始。
  • Check (確認): キャンペーンの終了後、ウェブサイトのトラフィック増加率を確認。
  • Act (改善): 広告のクリックスルー率を改善するための広告文やデザインの見直しを行う。

以下は、マーケティング担当者向けのサンプル文章です。

  • Plan(計画)で使えるサンプル
    • 次のキャンペーンでのCVRを5%向上させる。
    • ソーシャルメディア広告のROAS(広告費対効果)を15%向上させる。
    • カスタマージャーニーを分析して改善点を見つける。
    • 月に2本以上のブログ記事を公開する。
    • シーズンに合わせたプロモーション戦略を立てる。
    • メールマーケティングでの開封率を10%向上させる。
    • 新しいターゲット層に対する市場調査を行う。
    • ウェブサイトのSEOを最適化する。
    • カスタマーサティスファクションを測定する。
    • マーケティングオートメーションの導入を計画する。
  • Do(実行)で使えるサンプル
    • FacebookとGoogle Adsで新しい広告キャンペーンを立ち上げる。
    • A/Bテストを用いて広告クリエイティブを最適化する。
    • SEO対策としてキーワードリサーチを行う。
    • メールマーケティングキャンペーンを設計して実施する。
    • インフルエンサーとのコラボを開始する。
    • ブログ記事を執筆して公開する。
    • ソーシャルメディアでの投稿スケジュールを作成し、実施する。
    • Google Analyticsでウェブサイトのトラフィックをモニターする。
    • カスタマーサーベイを実施する。
    • リターゲティング広告を設定する。
  • Check(評価)で使えるサンプル
    • 広告キャンペーンのKPIを分析する。
    • ウェブサイトのユーザーエンゲージメントを測定する。
    • SEOの効果をキーワードランキングで確認する。
    • メールマーケティングのオープン率とクリック率を分析する。
    • ソーシャルメディアのパフォーマンスを評価する。
    • カスタマーサーベイの結果を分析する。
    • 費用対効果(ROI)を計算する。
    • ブログの閲覧数とエンゲージメントを確認する。
    • インフルエンサーとのコラボレーションの効果を評価する。
    • マーケティングオートメーションの進捗を確認する。
  • Act(改善)で使えるサンプル
    • 成績が良かった広告クリエイティブをさらに最適化する。
    • ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを改善する。
    • 開封率が低かったメールキャンペーンを修正する。
    • SEOの対策を見直し、改善点を実施する。
    • ブログ記事のテーマやスタイルを更新する。
    • 効果の薄かったソーシャルメディア戦略を見直す。
    • カスタマーサーベイから得られたフィードバックを元にプロダクトを改善する。
    • 広告予算の配分を最適化する。
    • インフルエンサー戦略を調整する。
    • マーケティングオートメーションの設定を微調整する。

数値や文章などは、適宜カスタマイズしてご利用ください。

人事担当者向けの例

人事の男性
  • Plan (計画): 新卒採用を●名行い、オンボーディングプログラムを完了させる。
  • Do (実行): 採用イベントの実施やオンライン面接の設定を行う。新卒に向けたオンボーディングマテリアルを準備。
  • Check (確認): 新卒採用の成果数やオンボーディングプログラムの進行状況を確認。
  • Act (改善): 次回の採用活動やオンボーディングの効率化のための改善点をリストアップ。

以下は、人事担当者向けのサンプル文章です。

  • Plan(計画)で使えるサンプル
    • 採用活動を強化し、次の四半期で10人の新人を採用する。
    • 従業員の満足度を調査し、平均スコアを向上させる。
    • パフォーマンス評価の新しいフレームワークを導入する。
    • リモートワーク環境を最適化する。
    • オンボーディングプログラムを改善する。
    • 社内イベントを四半期ごとに開催する。
    • 研修プログラムを見直し、新しいコースを導入する。
    • 給与体系を見直す。
    • ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを強化する。
    • メンタルヘルスのサポートプログラムを設計する。
  • Do(実行)で使えるサンプル
    • 採用フェアに参加する。
    • 従業員満足度調査を実施する。
    • 新しいパフォーマンス評価システムを導入する。
    • リモートワークのための新しいツールを導入する。
    • オンボーディング(新人研修)の手続きを効率化する。
    • チームビルディングイベントをオンラインで開催する。
    • 研修プログラムの新しいコースを導入する。
    • 給与調査を行う。
    • 多様性のワークショップを開催する。
    • メンタルヘルスセミナーを実施する。
  • Check(評価)で使えるサンプル
    • 採用率と採用コストを分析する。
    • 従業員満足度調査の結果を評価する。
    • パフォーマンス評価のフィードバックを集める。
    • リモートワーク環境の効果を測定する。
    • 新入社員の研修のフィードバックを収集する。
    • 社内イベントの参加率とフィードバックを確認する。
    • 研修プログラムの効果を評価する。
    • 給与体系の公平性を検証する。
    • 多様性ワークショップのKPIを測定する。
    • メンタルヘルスプログラムの効果を調査する。
  • Act(改善)で使えるサンプル
    • 採用プロセスに改善点を反映する。
    • 従業員満足度を向上させるための施策を実施する。
    • パフォーマンス評価システムにフィードバックを反映する。
    • リモートワークポリシーを更新する。
    • 新人研修プロセスを改善する。
    • 次回の社内イベントにフィードバックを反映する。
    • 研修プログラムに改善点を取り入れる。
    • 給与体系を改正する。
    • 多様性強化の施策を強化する。
    • メンタルヘルスのサポートを充実させる。

数値や文章などは、適宜カスタマイズしてご利用ください。

目標(KPI)の設定例

項目定義PDCAの設定例
売上高特定の期間の合計売上。売上高10%向上
営業利益売上から原価や運営費を引いた利益。営業利益15%向上
利益率利益を売上に対する割合として示したもの。利益率5ポイント向上
顧客満足度顧客が商品やサービスにどれだけ満足しているかの指標。顧客満足度スコア10ポイント向上
リピート率再度商品やサービスを利用する顧客の割合。リピート率10%向上
顧客獲得コスト (CAC)新しい顧客一人当たりの獲得にかかったコスト。CAC10%削減
生涯顧客価値 (LTV)一人の顧客から得られる予想収益の合計。LTV15%向上
離職率特定の期間内に退職する従業員の割合。離職率5%削減
在庫回転率在庫がどれだけ効率的に販売・消費されているかを示す指標。在庫回転率10%向上
Net Promoter Score (NPS)顧客が他者に対して推薦する確率を測定する指標。NPSスコア10ポイント向上
稼働率設備やシステムが稼働している時間の割合。稼働率10%向上
リードタイム製品やサービスが顧客の要求から完成・配送までの時間。リードタイム10%短縮
生産性従業員一人当たりの生産量や効果。生産性10%向上
広告費の投資回収率 (ROI)マーケティングや広告に投じたコストに対する収益の割合。ROI15%向上
チケットの解決時間カスタマーサポートの問い合わせやトラブルチケットの解決までの平均時間。チケットの解決時間10%短縮

PDCAサイクルとは?

pdcaを解説する画像

PDCAサイクルは、経営学や業務改善の現場でよく使用されるフレームワークの一つです。このサイクルを用いることで、業務やプロジェクトの改善・最適化を進めることができます。

PDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(検証)・Act(改善)の頭文字をとったもので、これら4つのステップを繰り返しながら業務の質を上げていく方法です。

1. Plan(計画)

まずは目標や課題を明確にし、それを達成・解決するための計画を立てます。計画を立てる際には、現状のデータや情報収集が重要です。具体的な手段や方法、期限などを設定し、何をどのように行うのかを決定します。

: ある製品の売上を次の四半期までに10%増加させるため、新たなマーケティング戦略を策定する。

2. Do(実行)

計画した内容を実際に実行します。この段階では、計画通りに業務を進めることが求められます。もし計画の途中で問題や新たな課題が見つかった場合、その情報を記録しておくことも大切です。

: 新たなマーケティング戦略として、SNSキャンペーンを実施し、ターゲット層に向けた特別なプロモーションを展開する。

3. Check(検証)

実行した結果を検証します。計画した目標に対して、どれだけ達成できたのか、どの部分が良かったのか、どの部分が問題だったのかを確認します。データやフィードバックを元に、実行の結果を評価し、反省点や学びを明確にします。

: SNSキャンペーンの結果、売上は5%しか増加しなかった。キャンペーンに応じて購入した顧客のデータを分析し、どの点が想定と異なったのかを確認する。

4. Act(改善)

検証の結果を元に、次回の計画や業務の改善点を明確にします。問題点や改善が必要な点を特定し、次のPlan段階で取り入れる形で改善策を検討します。

: SNSキャンペーンのターゲット層が適切でなかったこと、プロモーションの内容が魅力的でなかったことが判明。次回のキャンペーンでは、ターゲット層を再定義し、プロモーション内容を見直す。

 PDCAサイクルは、継続的に業務やプロジェクトの質を高めるためのフレームワークです。これを繰り返すことで、常に最適な方法で業務を進めることができるようになります。

 初めての業務や新しいプロジェクトでも、このサイクルを意識して取り組むことで、効果的に改善・最適化を進めることができます。

よくある質問

PDCAについて
Q
PDCAとは何ですか?
A

PDCAは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(確認)、Act(改善)の4つのステップから成る継続的な品質改善のフレームワークです。このサイクルを繰り返すことで、業務やプロジェクトの品質向上を図ることができます。

Q
PDCAの使い方は?
A

PDCAは各ステップを可視化し、進行を管理するためのツールです。目的や目標の設定(Plan)、実行(Do)、結果の評価(Check)、改善点の洗い出し(Act)というステップに従って使用します。

Q
PDCAとOODAの違いは?
A

PDCAとOODAは、どちらも行動改善のフレームワークです。

PDCAは経営学で生まれ、継続的な改善と品質向上を目的としています。Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Act(改善)のステップから成ります。

一方、OODAは軍事学から来ており、迅速な意思決定と行動を中心とした状況での使用を想定しています。Observe(観察)、Orient(方向付け)、Decide(決定)、Act(行動)のサイクルで構成されます。

PDCAは業務改善や品質管理に、OODAは軍事作戦やビジネス戦略、危機管理などに適用されます。

Q
PDCAは古い?
A

「PDCAが古いか?」という質問に対する答えは、文脈や目的によります。

PDCAサイクルは、1930年代に提唱された品質管理の手法であり、その歴史は長いです。しかし、その歴史の長さが「古い=非効率や非実用的」というわけではありません。現在のビジネスシーンでも十分に効果的なフレームワークです。

Q
PDCAとOODA、どちらを使うべき?
A

PDCAとOODA、どちらを選ぶべきかは、目的や状況に応じて異なります。

  1. 目的が継続的な品質改善や業務最適化である場合:
    • PDCAが適しています。具体的な計画を立て、実行し、結果を確認し、次回の改善に繋げるプロセスとして、多くの企業や組織で利用されています。
  2. 高速での意思決定や迅速な行動が求められる状況:
    • OODAが適しています。特に、状況が絶えず変わるような戦場や競技、ビジネスの高速市場などでの迅速な意思決定が必要な場合、OODAが有効です。

結論として、どちらが「古い」や「新しい」ではなく、求められる目的や状況に応じて最適なフレームワークを選択することが重要です。そして、現場やチームの文化、経験に応じてカスタマイズして使用するのも一つの方法です。

テンプレートについて
Q
テンプレートはカスタマイズ可能ですか?
A

はい、テンプレートは基本的なフォーマットになっていますが、業種やプロジェクトの特性に合わせてカスタマイズすることができます。特定のKPIや評価基準を追加するなど、独自の内容に変更することが可能です。

Q
どのテンプレートを選べばいいですか?
A

さまざまなデザインやフォーマットのテンプレートを提供していますので、ニーズや好みに合わせてお選びください。

Q
ダウンロードしたファイルを開くと「保護ビュー」の警告が出ます。これは何ですか?
A

保護ビューはMicrosoft Officeのセキュリティ機能で、インターネットからダウンロードした全てのファイルに適用されます。これは悪意のあるコードやマクロが埋め込まれている可能性を警戒するためのものです。

当サイトのテンプレートは、安全のためマクロやコードを使用せずに作成しています。画面上部に表示される「編集を有効にする」をクリックし、保護ビューを解除してご利用ください。※心配な方は、より安全なPDF形式でご利用いただくことを推奨します。参照:保護ビューとは – Microsoft サポート