すぐに使えるWBSテンプレート(無料・登録不要)

すぐに使えるWBS(Work Breakdown Structure)テンプレートです。
シンプルなものから、凝ったデザインのものまでご用意しております。

「ファイルをダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。

すぐに使用する場合は、会社名や文言などのサンプル部分を変更してご利用ください。
自社用のひな形として使用する場合は、既存の項目やフォーマットをカスタマイズしてご利用ください。

ファイルを開くソフトウェア(MS Office等)のバージョンの違いやOS(Windows・Mac等)の違いでレイアウトが崩れた場合は、調整してご利用ください

WBSテンプレート

汎用型(横向き)

解説

 汎用的なWBSテンプレート(Excel・エクセル)です。
 WBSでよく使われる項目で構成されています。必要に応じて項目を追加・削除してご利用ください。

項目例
  • 「No.」「作業名」「担当者」
  • 「開始日・終了日(予定・実績)」
  • 「進捗」「備考」
その他の形式

シンプル(縦向き)

解説

 シンプルなWBSテンプレート(Excel・エクセル)です。
 必要最低限の項目で構成されています。必要に応じて項目を追加・削除してご利用ください。

項目例
  • 「工程」「作業名」「担当者」
  • 「開始日・終了日(予定・実績)」
  • 「備考」「承認欄」
その他の形式

よくある質問

Q
WBSはなぜ必要?
A

WBSの作成にはさまざまなメリットがあり、プロジェクト管理をする上で必要不可欠とされています。

WBS作成のメリット:
 ・工数の正確な把握が可能に
 ・役割分担の負担が減る
 ・タスクの抜け漏れ・重複の防止
 ・そのままガントチャートに流用可能

すぐに使えるWBSテンプレートはこちら

Q
WBSとガントチャートの違いは?
A

プロジェクト管理に使われる「WBS」と「ガントチャート」は、目的や洗い出す項目が異なります。

WBSの目的・項目:
 目的=作業ボリュームの把握
 項目=作業内容、担当、工数開始/終了日

ガントチャートの目的・項目:
 目的=進捗状況の把握
 項目=作業内容、担当、進捗日付(横軸)

すぐに使えるWBSテンプレートはこちら

参考/参照サイト(reference)

政府CIOポータル
標準ガイドライン群 | 政府CIOポータル
デジタル庁
デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDXを大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げることを目指します。
データ利用規約 

当サイトで配布しているコンテンツのご利用に関して、以下の点にご留意ください。
・テンプレートは、個人・法人・商用・非商用を問わず、無料でご利用いただけます。
・テンプレートは、自由に加工してお使いいただけます。
・テンプレートを無断で複製・転載・転用することを禁止します。
・コンテンツの利用は、利用者ご自身の責任において行われるものとします。
・コンテンツの利用により発生したいかなるトラブル・損害について、一切責任を負いませんのであらかじめご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました