すぐに使える議事録テンプレート|記入例・解説つき

スポンサードリンク
議事録テンプレート_アイキャッチ_サムネイル

すぐに使える議事録テンプレートです。
自社用のひな型・フォーマットとしてもご利用いただけます。

Word(ワード)Google Docs(ドキュメント)形式でダウンロード&編集できます。
「ファイルをダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。

書き方の解説や記入例もご参考ください。

議事録テンプレート

基本型(枠あり)

どんな業種・会議でも使える、スタンダードな議事録です。
どれを選んでいいか分からない場合、こちらがオススメです。

項目
  • 議事録の作成者/作成日
  • 日時
  • 場所
  • 参加者
  • 議題
  • 決定事項
  • 備考
  • 次回開催予定日
    ※必要に応じて、項目を追加・削除してください
その他の形式

基本型(議題複数)

議題が複数ある場合に使いやすいテンプレートです。
議題ごとに「担当者」「件名」「内容」「決定事項」が用意されています。

項目
  • 開日時
  • 場所
  • 参加者
  • 議題①
  • 議題②
  • 議題③
  • 次回開催予定日
    ※議題の数や項目は必要に応じて追加・削除してご利用ください。

スタイリッシュ

記入のしやすさ、使いやすさを重視したスタイリッシュな議事録です。
IT業界やベンチャー企業など、効率性を重視する会社でよく使われます。

項目
  • 日時
  • 場所
  • 参加者
  • 議題
  • 備考
  • 次回開催予定日
    必要に応じて、項目を追加・削除してください
その他の形式

その他デザイン

議事録の書き方

イメージ画像(書き方)

議事録には、決められたフォーマットや書き方はありません。
ここでは、どの会社/会議でも使える、基本的な書き方をご紹介します。

必須項目

下記は、どの会議においても必須の項目です。
まずはこちらの項目を用意してから、書き始めましょう。

  • 日時
  • 場所
  • 参加者(出席者)
  • 議題(件名)
  • 内容
  • 決定事項
  • 備考
  • 次回開催日※1回限りの会議の場合不要)

記入例

簡単な記入例と、それぞれの項目についてご紹介します。

議事録の書き方・見本例
議事録の書き方・記入例・見本(要点まとめ型)

①日時、場所

 会議の開催日時と場所を記載します。年数と時間は省略せずに必ず記載しましょう。

②参加者

 会議の出席者を記載します。出席者の並び方、書き方にさまざまなルールがあります。最低限下記を押さえましょう。

  • 外部の人→内部の人順に名前を書く
  • 役職が高い人順に名前を書く
  • 最後に議事作成者の名前を書く
  • 役職や様を省いて名前を記載するときは「敬称略」を最後に書く

③内容(議事、討論、決定事項)

 会議で討論されたことや、決定事項をわかりやすくまとめます。社風や議事作成者によって、さまざまな書き方・パターンがあります。

内容のまとめ方

内容や決定事項のまとめ方は、会社によってさまざまです。代表的なまとめ方をご紹介します。

発言記録型(一言一句正確に記録することを重視)

 例1)○○はどうなってる?(山田)→○○になっています(高橋)
 例2)ターゲットに合わせた方戦略が必要では?(鈴木)
 例3)○月○日までに○○をする必要がある(高橋)

要点まとめ型(見やすさ、わかりやすさを重視)

 例1)○○について→○○を実施
 例2)○○は?→○○に決定
 例3)○○はどうなる?→○○に決定(担当○○)

作成のコツ・ポイント

イメージ画像(ポイント)

過去の議事録を踏襲(真似)する

議事録を作成するときは、必ず過去の議事録を確認&踏襲(真似)しましょう。

過去の議事録には、会社独自のルールや、習慣が詰まっています。

一方、いきなり独自の構成やまとめ方をするのはNGです。協調性のない人だと思われ、社内の評価が下がる可能性があります。

会議の目的、要点を理解する

会議に参加するときは、その目的や要点を事前に理解しておく必要があります。

目的や要点がわからず、議題・主旨への理解が浅いと、

  • 議事録の要点がズレる
  • 発言の際、議題から逸れた話をする
  • 議論時間を無駄に長引かせてしまう

など、組織にとって不利益なことが発生してしまいます。

事前に上司や同僚に聞くなどして、目的・要点を把握するようにしましょう。

誰が読んでも理解できるようにする

議事録は、会議の出席者はもちろん、会議に参加できなかった人も読みます。

そのため、いつ誰が読んでも、議論の流れや決定事項などがわかる内容である必要があります。

「5W2H」などのフレームワーク(仕組み)を使って、正確に伝わる議事録が作れるように心がけましょう。

5W2Hとは?

5W2Hとは、「いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように・いくら」を英語の頭文字から取ったもので、物事を相手に正確に伝えることができる「フレームワーク(仕組み)」のこと。

ビジネスシーンに関わらず、あらゆる場面で使われ、以下の要素を取り入れることで、物事を正確かつ具体的に伝えることができます。

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(だれが)
  • What(なにを)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)
  • How much(いくら)

よくある質問

イメージ画像(よくある質問)
Q
議事録とは?
A

議事録とは、会議の内容をまとめ、記録する文書のことです。
会議に参加していない人や、会議内容を忘れた人が、会議後に決定事項や内容を確認するために使われます。

Q
議事録には何を書く?
A

議事録には以下の内容を記載します。

  • 開催日時/場所
  • 参加者
  • 議題
  • 討論/議論内容
  • 決定事項
  • 次回開催日など

>>詳細・解説はこちら

Q
参加者の名前の順番はどうすればいい?
A

参加者の順番は、左から役職の高い人順に記載します。また、外部の人が参加する場合は、社内の人よりも先に名前を記載します。

>>詳細・解説はこちら

データ利用規約 

当サイトで配布しているコンテンツのご利用に関して、以下の点にご留意ください。
・テンプレートは、個人・法人・商用・非商用を問わず、無料でご利用いただけます。
・テンプレートは、自由に加工してお使いいただけます。
・テンプレートを、無断で複製・転用・再配布することを禁止します。
・コンテンツの利用は、利用者ご自身の責任において行われるものとします。
・コンテンツの利用により発生した、いかなるトラブル・損害について一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました